くずまきワイン

町の86%を占める森林に自生する山ぶどうを使った地域ブランドづくり

くずまきワイン

栽培する山ぶどうはもともと酸が豊かで、糖度は20度程度になるものもある。ワインに十分向いたブドウだ。ポイントは酸をどう活かすか。以前はまず除酸だったが、ワインの味わいに酸が不可欠な要素であるという認識が消費者に定着したおかげで、最近では山ぶどうの持つ豊富な酸を、取り除くのではなく他の品種とブレンドするなどして活かす様々な醸造手法を取り入れられるようになった。山ぶどう100%でも、甘口はそのまま、辛口なら酸をちょっと抑える程度で追っている。

  • ワイナリー
  • ワイナリー
  • ワイナリー
  • ワイナリー

会社概要

商号株式会社岩手くずまきワイン
創業1986(昭和61)年2月
所在地岩手県岩手郡葛巻町江刈1-95-55
URLhttp://www.kuzumakiwine.com
代表者代表取締役社長 鈴木 重男
醸造責任者製造部部長 大久保 圭祐
年間生産量27万本
ブドウ品種山ぶどう、マスカットベリーA、キャンベル、ナイアガラ
畑保有2ha
特徴山ぶどうを主品種に栽培、醸造をしています。日本の土着品種である山ぶどうのきれいで伸びやかな酸味、野趣溢れる味わいを最大限に引き出し個性を伝えます。
代表ブランドフォーレ・赤
見学見学可能葛巻町鍋倉圃場
売店ワイン購入可能売店あり

Jワイン紹介

くずまき マスカットベリーA 山ぶどう J

くずまきワイン

くずまき マスカットベリーA 山ぶどう J

フォーレ 赤 J

くずまきワイン

フォーレ 赤 J

くずまきワイン 新酒 ロゼ J

くずまきワイン

くずまきワイン 新酒 ロゼ J

くずまきワイン 新酒 白 J

くずまきワイン

くずまきワイン 新酒 白 J

ページトップへ戻る