お知らせ

2021/09/07
【マルス穂坂ワイナリー/新着】新商品発売のご案内


マルス穂坂ワイナリーです。
この度、「シャトーマルス 穂坂収穫ルージュ、ブラン」の2商品を発売いたします。

山梨県韮崎市穂坂町は、三角形をした甲府盆地の北西側の角から立ち上がる広大な茅ヶ岳山麓に位置する県内を代表するワイン醸造用ぶどうの産地です。
標高400~700mの山麓南西斜面は、日照時間が長く「少雨冷涼気象区」に属します。裾野を駆ける風ややや粘性のある土壌がもたらす自然環境から育まれるぶどうは、凝縮度が高く、コシの強い味わいとなります。


「シャトーマルス 穂坂収穫ルージュ 2020」

<商品説明>
穂坂町で丹精込めて栽培されたメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、マスカット・ベーリーAを主体にブレンドし、カシスやラズベリーなどの果実香と、ほんのり広がる樽香が溶け込み、柔らかな渋味を伴うふくよかさ、バランスの良さが特長です。
飲み飽きしない、調和のとれた奥行きある味わいの赤ワインです。

■参考小売価格:1,657円(税別)
■出荷開始日 :2021年9月17日(金)




「シャトーマルス 穂坂収穫ブラン 2020」

<商品説明>
穂坂町で丹精込めて栽培された完熟甲州種を主体に醸造し、グレープフルーツやリンゴを想わせる香り、キメ細かく複雑な味わいが特長です。ほのかに香る樽香、フルーティーで心地よい酸味が食事を引き立てる、ふくよかな味わいの辛口白ワインです。

■参考小売価格:1,657円(税別)
■出荷開始日 :2021年9月17日(金)


ぜひお試してください!


2021/08/19
【アルプスワイン/新着】生育状況をお届けいたします(ヴェレゾン)


アルプスワインです。
本日は【ヴェレゾン・摘房】を中心にぶどうの生育状況をお届けいたします。
ヴェレゾンとは、緑色の房が黒く変わっていく現象のことをいいます。
ヴェレゾンの進行状況は、概ね昨年より数日早く進んでいる状況です。

では、ぶどうの種類別に生育状況をお伝えいたします!


<ツヴァイゲルトレーベ>
 
(塩尻市 太田1圃場 8月11日 ツヴァイゲルトレーベ)  
本格的にブドウの房がだいぶ色付いてきました。ツヴァイゲルトレーベは栽培するぶどうのうち最も早くヴェレゾンが始まりました。昨年より数日早い状況です。

(塩尻市 太田1圃場 8月11日 ツヴァイゲルトレーベ)  
ツヴァイゲルトレーベは粒が密着して潰れてしまうため、房の岐肩(房の肩の部分)を除去したり隣接して重なっている房を除去します。
また、着色不良や成熟遅れの房についても除去します。  

(塩尻市 太田1圃場 8月12日 ツヴァイゲルトレーベ)  
摘房後の様子。摘房が終わった房が整然と並んでいます。     


<ピノグリ>
(塩尻市 岩垂3圃場 8月12日 ピノグリ)  
植栽後、4年目のピノグリで、ファーストヴィンテージになります。早熟なぶどうで、順調にヴェレゾンが進んでいます。     


<ゲヴェルツトラミナー> 
(塩尻市 高出3圃場 8月12日 ゲヴェルツトラミナー)  
ヴェレゾンが始まったところです。房が飴色に変わってきました。     


<シャルドネ>
(塩尻市 太田1圃場 8月11日 シャルドネ)  
白ぶどうのヴェレゾンは外観からは良く解りませんが、「水が回る」と言われ、粒が軟化してきます。シャルドネのヴェレゾンが今後進んでくると、陽の光にかざすと中の種が透けて見えるようになってきます。     


<メルロ>
(塩尻市 芦ノ田2圃場 8月12日 メルロ)  
ヴェレゾンが始まった段階です。アットランダムに着色が進み綺麗で、かつ、不思議な光景です。今後の着色が楽しみです。     


<シラー>
 
(塩尻市 芦ノ田2圃場 8月12日 シラー)  
シラーも、ヴェレゾンが始まった段階です。  

(塩尻市 芦ノ田8圃場 8月12日 シラー)  
こちらは、3年目(ファーストヴィンテージ)のシラーです。樹齢が若いためか、一部ではヴェレゾンの進行程度が早く、シラーらしく漆黒に着色しています。     


塩尻でも8月13日から8月15日にかけて大雨となりました。この3日間で221mmの降水量があり、昨年の8月1か月間の約3.5倍の雨が降ったことになります。  
しかし幸いなことに、今回の大雨による被害はありませんでした。     
重要なヴェレゾン期のぶどうに早く陽光が当たりますように。

願いをこめて、美味しいワインを楽しみに待っていてください!


2021/07/28
【アルプスワイン/新着】摘心~雨除け設置~除葉


アルプスワインです。
自社農園での葡萄の生育状況をお届けいたします。


■塩尻市 太田1圃場 7月14日
【摘心】  
今年2回目の摘心作業です。長く伸びた新梢をリーフカッターで摘心していきます。
新梢の先端が伸び続けるとぶどうの房に養分が供給されず、果実の品質低下に繋がるため、しっかり摘心をしていきます。  


■塩尻市 同圃場 7月14日
バラの植えてある列が摘心が完了した垣根です。
摘心作業は今後2回程行う予定です。  


■塩尻市 芦ノ田8圃場 7月12日(シラー)  
【雨よけの設置】  
欧州系のぶどうは湿度に弱く、雨にあたると病気の発生する確率が高くなるため、垣根栽培の場合は雨除け(レインプロテクションと呼んでいます。)を必ず設置します。
なお、棚栽培の場合は、果房に傘かけを行います。  
この圃場は今年で植栽後3年となるためレインプロテクションを初めて設置しました。  


■塩尻市 太田2圃場 7月13日(メルロ) 
【除葉】   
トラクターの前方に装備したリーフストリッパー(除葉機)で房回りの葉を巻き込み、前方に吹き飛ばしながら、除葉をしていきます。
除葉の目的は、

①ブドウの果房回りの風通しを良くし、
②果房に日光をあてることで高品質のぶどうを栽培することです。  

同時に、トラクターの後方に装備したスイングモアで除草も行います。  


■塩尻市 太田1圃場 7月14日(メルロ)   
【生育状況】  
ぶどうは順調に生育しています。メルロは大きい粒は直径10mm程度です。  


■塩尻市 太田1圃場 7月14日(シャルドネ)  
シャルドネもメルロ同様、大きい粒は直径10mm程度と順調に生育しています。
メルロ及びシャルドネともに開花(満開)は昨年より数日遅れていましたが、生育状況はほぼ前年並みに追いついている状況です。  


■塩尻市 片丘4圃場 7月14日(シャルドネ)  
片丘圃場(標高730m)から塩尻市街地を展望。  
7月14日には、北陸地域の梅雨明けが発表されました。本格的な夏の到来が待たれます。

アルプスワインのWEBサイトではその他さまざまな情報をお届けしています!
ぜひご覧ください。



2021/07/13
【高畠ワイナリー/新着】世界三大ワインコンクールDWWA2021「ゴールド」受賞!

高畠ワイナリーです。

株式会社高畠ワイナリーは、2021デカンター・ワールド・ワイン・アワード(英国)(※)において
「ゴールド賞」を1銘柄、シルバー賞2銘柄、ブロンズ6銘柄、計9銘柄のワインが受賞しました!



※デカンター・ワールド・ワイン・アワーズ 
2003年創立の独立したワイン審査会の名称。
設立以降、年々規模を拡大し今では世界最大規模かつ最も影響力をもつワインコンテストとなる。 
審査対象ワインは、全世界で流通(または流通予定)のワインが一堂に会し、各国のマスター・オブ・ワイン並びにインターナショナル・ワイン・コンペティション審査員、そしてワインエキスパート達による審査員チームの協力の下、全てのワインに対しそれぞれのスタイルに応じたテイスティングが行われます。


同コンテストにおいてゴールド受賞は山形県内、当ワイナリーとしては初となり、
山梨県、長野県の有力ワイナリーをも凌ぐ結果となりました。
また、「2017高畠マジェスティック・ローグル・ルージュ」は、高級赤ワイン醸造専用ぶどう品種のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローを主原料とした本格的なボルドースタイルの赤ワインで、このタイプのヴィンテージワインにおいて「ゴールド賞」を獲得することは、東北地方のワイナリーでは初の快挙となりました。 

この成果をゴールとするのではなく、あくまでもスタートとして捉え、今後より一層のワインの高品質化に取り組んでいきたく思います。



[受賞一覧]
<ゴールド賞>  
2017高畠マジェスティック ローグル ブルー(発売未定、価格等未定)  95pts/100 

<シルバー賞>
2019高畠ル・トロワ・シゾード・大浦・エン・上和田シャルドネ (93pts)  
2017高畠ARKADIAセレクトハーベスト (90pts)  

<ブロンズ賞> 
2018高畠ラ・クロチュア・エレクトリック・エン・上和田シャルドネ  
2018高畠フニクリ・フニクラ・デ・木村シャルドネ  
2018高畠バリック・ピノ・ノワール  
2017高畠バリック・メルロー&カベルネ・ソーヴィニヨン  
2018我妻重晴ビジュ・ノワール  
2017高畠マジェスティック ローグル・ブルー




2021/07/05
【アルプスワイン/新着】今年の夏は冷えたワインを楽しもう!


アルプスワインです。

もうすぐ梅雨が明けて、今年も暑い夏がやってきます。 
コロナ禍で家でのお食事も増えワインの楽しみ方も多様化してきました。 
アルプスでは暑い夏に、冷やして夏の料理とともに召し上がっていただきたいワインを5つセレクトしました。 


1.ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン  
普段は常温で召し上がっていただくことが多いブラッククイーン、
夏は冷やしてカレーや鰻の蒲焼とご賞味ください。 


2.ミュゼドゥヴァン 松本平シャルドネ  
果実味と酸味のバランスが良いシャルドネは夏にぴったりのワイン。 
豚の冷しゃぶ、ゴーヤチャンプルーによく合います。 


3.ミュゼドゥヴァン オアシス3 スパークリング
3種の白ブドウを使用したスパークリング白ワイン、オアシス3。
涼しげな生春巻きやサーモンや白身のお魚を使ったお料理にオススメです。 


4.信州林檎シードル  
りんごの甘みと炭酸のシュワシュワ感が心地良いアルコール4%の優しいワイン。 
シードル片手にピザをつまみながらTVでオリンピック観戦はいかがでしょう。 


5.あずさまろやか赤ワイン、すっきり白ワイン  
かち割りワイン(氷入り)やワインハイボール(炭酸割)がおすすめ! 
フライドチキンやギョウザでカジュアルにお楽しみください。


詳細はこちらから


2021/06/07
【アルプスワイン/新着】ワイン専門雑誌「ワイン王国 123号」に掲載されました


アルプスワインです。

『ワイン王国 123号(2021年6月5日発売)』に弊社ミュゼドゥヴァンシリーズのワイン3品が掲載されました。



<日本ワイン 激選63本 特集ページ>
ミュゼドゥヴァン松本平ブラッククイーン 2019年 (5つ星)JWINE登録商品 

    
ミュゼドゥヴァンoasis 3スパークリング NV (5つ星)


 <1,000円台でみつけた和食と合う白ワイン 特集ページ>
ミュゼドゥヴァン 塩尻ピノブラン 2020年

2021/06/02
【アルプスワイン/新着】今注目のノンアルコールのご紹介


アルプスワインです。

コロナ禍でお家時間が増え、外食や飲み会が減少している方が多いのではないでしょうか。  
お家時間の過ごし方も、昨年の今頃と比べても変化してきました。
そんな変わるおうち時間の中でノンアルコールが再び注目されています!  
仕事や趣味に響かない、飲みたいけど酔いたくない等の需要が大きくなってきています。  
弊社のノンアルコール・ワインテイスト飲料『ヴァンフリー』もそんなお客様のご支持を頂いています。
おいしいノンアルコールをお探しの皆様、ぜひお試しください♪





詳しくはこちら

2021/05/25
【アルプスワイン/新着】『家飲み応援キャンペーン』期間延長


アルプスワインです。

弊社では現在の状況を鑑み、アルプスワインHPのネットショップで開催しております「家飲み応援キャンペーン」の期間を延長いたします。引続き、アルプスのワイン、ジュースをお楽しみいただきます様、よろしくお願いいたします。  

<家飲み応援キャンペーン延長期間>
~2021年6月30日ご注文分まで  

ご購入金額 5,000円(税込)以上で送料・代引き手数料が無料となります。
※クール便発送費用分は除く

詳しくは下記URLよりご確認ください。
https://www.alpswine.com/news/630-1.html


2021/05/17
【アルプスワイン/新着】萌芽および展葉

 アルプスワインです。  

5月の新緑の中、ぶどうの樹も管理作業もいよいよ本格的に動きはじめました。今年は萌芽が早く遅霜に遭わないか心配しましたが、無事に乗り越える事ができました。  

今後は、例年よりかなり早い梅雨入りの予測が報じられていますが、今年のヴィンテージも皆さまに美味しいワインをお届けできるようにスタッフ一同頑張って参ります!      


塩尻市 岩垂1圃場 (5月14日)


  

同圃場 メルロー (5月8日)  

今年は、3月〜4月上旬にかけて温暖であったため、昨年より10日~2週間程度早く4月下旬より萌芽が始まりました。こちらはコルドン仕立てのメルローです。5月に入り、葉を広げる展葉期を迎えています。       

 


塩尻市 開田圃場 ダブルカーテン仕立てコンコード (5月14日)     



 同圃場 コンコード (5月8日)    

こちらはダブルカーテン仕立てのコンコードです。メルローより一足早く成長していて、早くも房の部分となる花穂が確認出来ます。青空に向かって力強く伸びる様を見ると、厳しい冬を乗り越え無事に芽を出してくれた安堵感と、これから迎える農繁期に引き締まる思いを感じます。 


 

 <岩垂1圃場のカベルネソーヴィニヨンについて発芽から展葉の様子を日を追って見てみますと・・>     

塩尻市 岩垂1圃場 カベルネソーヴィニヨン (5月2日)    

晩成種のカベルネソーヴィニヨンは5月に入り芽が動き始めました。だいぶ芽が膨らんできました。   

 


芽全体が赤色となり、付け根には第1葉の先端が確認できます。萌芽の状態となりました。 (5月8日)   

 

 


この季節らしい最高気温が20℃を超える日が連日続き、萌芽からわずか3日で展葉しました。芽の先端が割れはじめ葉の縁が離れています。(5月11日)       

  



 塩尻市 芦ノ田7圃場 (5月4日)    

気温の上昇に伴い圃場内の下草もぐんぐん伸びていきます。そのままではぶどうの生育や管理作業の妨げになるので随時除草作業を行なっていきます。この日もトラクターが出動し綺麗に刈り取っていました。    

 


塩尻市 太田1圃場 ツヴァイゲルトレーベ (5月12日)



2021/04/21
【朝日町ワイン/新着】桜が咲いています

朝日町ワインです。

4月も中旬となり、暖かい日が増えてきましたね。
朝日町ワイナリーの前にも山桜が満開に咲いており、春の訪れを感じさせてくれます。

2021/04/14
【アルプスワイン/新着】萌芽期前の準備作業

アルプスワインです。

萌芽期とは、ぶどうの樹が芽を出す時期をさします。萌芽は、ブドウ栽培における本格的なシーズンの訪れを告げる瞬間で、メンバー全員が心待ちにしています。アルプスファームの圃場では、例年4月下旬~5月上旬がその時期に当たります。


【塩尻市 芦ノ田3圃場 4月2日】  
巻き蔓除去が終了したところで、施肥をしているところです。好天が続いたため、作業がスムーズに進捗しました。【塩尻市 芦ノ田3圃場 4月2日】  巻き蔓除去が終了したところで、施肥をしているところです。好天が続いたため、作業がスムーズに進捗しました。


【塩尻市 太田1圃場 4月2日 シャルドネ】  
3月下旬から約1週間、シャルドネを中心に粗皮をはがしました。コナカイガラムシ等の害虫の寄生を予防する処置です。6月の農薬散布によりさらに防虫効果があがります。


【前掲に同じ】
専用の道具を使用し、粗皮をはがしていきます。


【前掲に同じ】  
主幹を傷めないように注意して丁寧にはがします。


【前掲に同じ】  
きれいに剥がすことができました。この後反対側も同様に作業して完了です。剥がした粗皮は速やかにビニール袋に入れ、焼却処分しました。


【塩尻市 太田2圃場 4月7日】  
欠株へ補植するために、小型バックホーを使用して補植用の穴の掘削をしているところです。


【前掲に同じ】  
機械ならではのパワーとスピードで深さ約30cm、幅約50cmほどの穴を1日に350個を目標に掘削していきます。


補植するために苗木の準備をしているところです。押し鎌を使用して苗木の根を約20cmに切り揃えます。


【塩尻市 元町1圃場 4月9日】  
隣の木との間隔が均等(150cm)になるように、また、苗木の芽の方向が列の方向と平行になるように注意して植えていきます。   


【塩尻市 太田1圃場 4月7日】  
今年度最初の防除も行いました。こちらは13年目を迎えるキャビンタイプのSS(スピードスプレア―)ですがまだまだ元気に活躍しています。


【塩尻市 太田1圃場 4月12日】  
また、地面を柔らかくして水はけを良くするため、圃場の畝間を耕運しました。深くなりすぎないように路面の傾斜等に注意して深さを微調整しながら作業します。


【塩尻市 太田1圃場 4月13日】  
ツヴァイゲルトレーベは、だいぶ芽が膨らんできました。これから萌芽期を迎え、展葉していくことになります。


【塩尻市 太田1圃場 4月3日】  
圃場の西側段丘にある桜が咲いた様子です。桜は例年より2週間ほど早く満開となりました。  これから萌芽期を迎えますが、例年より早く発芽した芽が遅霜に逢わないことをメンバー全員が願っています。


2021/04/13
【朝日町ワイン/新着】新商品発売いたしました

朝日町ワインです。

創業昭和19年9月。
創業77年を記念して1,800mlワインを数量限定で醸造しました。
朝日連峰の麓、緑濃い朝日町はおいしいくだものとワインをつくるのに最適な気候・風土があります。山形県産マスカットベーリーA種とブラッククィーン種を原料に、長い伝統と優れた技術のもと、丁寧に醸造しました。豊かな果実味とまろやかな味わいのバランスが良い辛口の赤ワインです。このワインは、「人と地の力」の結晶です。
ぜひお試しください!


ご購入はこちらから↓
https://asahimachi-wine.shop-pro.jp/?pid=157782440



2021/04/09
【エーデルワイン/新着】雪が降りました

エーデルワインです。

4月9日、花巻市、なんと雪が降りました。

2021/04/03
【丹波ワイン/新着】ワイナリーツアー再開いたしました

丹波ワインです。

長らくの間中止しておりましたワイナリーツアーですが、お客様に安心してワイナリーツアーにご参加頂けるよう感染症拡大防止策を徹底したうえで、ツアー内容もグレードアップし、少人数制で4月3日(土)より再開し、予約受付をスタートさせていただきました。  


【ワイナリーツアー内容】

 仕込み機械・醸造場・樽熟成庫・製造施設・ぶどう畑をご覧いただき、ぶどうの収穫から醸造工程・商品になるまでをご説明し、最後に3種テイスティングがついたワイナリーツアーです。

開催日時:土日祝 11:00~、14:00~  

所要時間:共に約60分  

定員:各回6名  

参加費:お一人様 1,000円(3種テイスティング代、消費税込み)  

お申込み方法:3日前までにお電話でご予約いただくか、下記フォームからお申し込みください。 (変更キャンセルは2日前までにご連絡下さい) 

Tel.0771-82-2003


 https://www.tambawine.com/wp/archive/?page_id=14365



2021/04/02
【丹波ワイン/新着】ワイナリー併設「Vineyard Grill」オープンしました

丹波ワインです。

2021年4月2日、ワイナリー併設の屋外ガーデンテラスにヴィンヤードグリル(バーベキュー)がオープンしました。
地元猟師垣内さんの鹿肉や猪肉など素材の美味しさをそのまま味わっていただけるグリル。
美味しい旬の野菜も盛りだくさんで、お料理とワインをぶどう畑を眺めていただきながらお楽しみいただけます。
愛犬などペットの同伴も可能です。
ご予約お待ちしております。

https://www.tambawine.com/wp/archive/?page_id=11769?page_id=11769








2021/04/01
【エーデルワイン/新着】新商品発売いたしました

エーデルワインです。

『にごり林檎 白』発売いたしました!
岩手県花巻市産ふじりんごを100%使用いたしました。
発酵後はできるだけ手を加えず、自然な状態で瓶に詰めました。
華やかな香りとフルーティーな味わいの甘口にごりワインです。
ぜひお試しください♪

2021/03/18
【紫波フルーツパーク/新着】紫あ波せワイン 発売のお知らせ

紫波フルーツパークです。

今年も紫あ波せワインの季節がやってきました!

3月18日の木曜日から発売となります。
赤・甘口と赤・辛口の2種類で900mlの大容量でお買い得ワインです。
数量限定ですのでお買い求めはお早めに!

自園自醸ワイン紫波ウェブショップではご予約も承っております。
今年は12本以上ご購入で自園自醸ワイン紫波の白ワインを使用した
ワインケーキを1個プレゼントしております。
※4/30ご購入分まで。直売所およびウェブショップ限定企画になります。

自園自醸ワイン紫波ウェブショップ


2021/03/12
【熊本ワイン/新着】第8回サクラアワード2021でシルバーメダルを受賞しました

熊本ワインです。

日本女性が日本の食卓に合う美味しいワインを世界中から選ぶコンクールの【第8回サクラアワード2021】受賞結果が発表となりました!

この度、熊本ワインから“デラウェア”がスティルワイン白のタイプで、シルバーメダルを受賞しました。
主要ぶどう品種がデラウェアで受賞している数少ないワインで、摘みたてのデラウェアの香りと 、すっきりとした酸のぶどうの美味しさが詰まった辛口の白ワインです。



2021/03/11
【高畠ワイナリー/新着】サクラワインアワードW金賞受賞!

高畠ワイナリーです。

先日 行われた女性ソムリエ、ワイン関係者によるワインコンクール、
サクラ・ワイン・アワードにて、当ワイナリーが3年連続のダブルゴールド賞、
ゴールド賞、シルバー賞を受賞いたしました。
おかげさまで、国内最多受賞となりました。

この度 ダブル・ゴールド賞に輝いたのは、
高畠レ・トロワ・シゾード・オオウラ・エン・カミワダ・シャルドネという
当ワイナリー最高級の白ワインで、ブドウ原料は町内でも最も冷涼な上和田地区の
大浦圃場で丹精を込めて育てられたシャルドネ100%の拘りの逸品です。
ワイン名には、上和田地区の大浦家親子3代に渡って剪定鋏を伝承し、
育まれた最高のシャルドネという意味が込められています。
熟度、糖度、香り、どれをとってもトップクラスのシャルドネです。


本受賞を受け、今後さらなる高品質化、お楽しみいただけるワインを目指して参ります。
この度入賞したワインの多くは、県内外の高畠ワイン取扱店、ならびに高畠ワイナリーショップ、
公式通信販売 クラブ高畠ワイナリーでお買い求めいただけます。






2021/03/08
【エーデルワイン/新着】サクラアワード2021 受賞のお知らせ

エーデルワインです。

2021年2月、第8回目を迎える「サクラアワード」の審査会が東京(8日、ホテル雅叙園東京)、大阪(16日、ホテル日航大阪)にて行われました。
日本のワイン業界で活躍する女性、186名の審査員が、32カ国4,562アイテムのワインをブラインドテイスティングにより審査しました。

275アイテムが「ダブルゴールド」、1,074アイテムが「ゴールド」、882アイテムが「シルバー」、総計2,231アイテムが受賞の栄誉に輝きました。

「ダブルゴールド」: エーデルワイン 月プレミアム 赤



< 前の20件  |  次の20件 >

ページトップへ戻る