エーデルワイン

良いワインは良い葡萄からしか生まれない。葡萄耕作のたゆまぬ向上と耕作者との信頼がなければ良いワインは生まれない

エーデルワイン

ワインづくりは、昭和22、23年カザリン・アイオン台風が、大迫町に深刻的な被害を与えたとき、当時の県知事国分謙吉が大迫に傾斜地がおおく、また年間降雨量が少ないこと、地質的に石灰質であることに着目し、復興策の一環として「大迫町は葡萄栽培の適地である。大迫を日本のボルドーに」、と葡萄栽培奨を奨励したことから始まりました。

  • ワイナリー
  • ワイナリー
  • ワイナリー
  • ワイナリー

会社概要

商号株式会社エーデルワイン
創業1974(昭和49)年7月24日(前身の会社は昭和37年創業)
所在地岩手県花巻市大迫町大迫10-18-3
URLhttp://www.edelwein.co.jp
代表者代表取締役社長 藤舘 昌弘
醸造責任者醸造技師長 行川 裕治
年間生産量約40万本
ブドウ品種キャンベル、ナイアガラ、紅伊豆、ポートランド、リースリングリオン、ミュラートゥルガウ、ケルナー、ソービニヨンブラン、シャルドネ、メルロー、ツヴヴァイゲルトレーべ、ロースラー、カベルネソービニヨン
畑保有自社(1.3ha)、契約(20ha)
特徴「良いワインは良いぶどうからしか生まれない」という信念のもと、畑づくりにこだわり、岩手の土と水が育んだ地元産のぶどうにこだわり、岩手の風土が感じられる大地に根ざしたワインづくりを行っています。
代表ブランド月のセレナーデ、五月長根葡萄園
見学一部畑、工場見学コース
売店直売店 「ワインシャトー大迫」

Jワイン紹介

かぐみ 赤 J

エーデルワイン

かぐみ 赤 J

かぐみ 白 J

エーデルワイン

かぐみ 白 J

ページトップへ戻る